自動車保険の加入方法

代理店型と通販型自動車保険の違いと申込方法を紹介

自分にピッタリ合った自動車保険を探そう

相談して決められるのが代理店型の優れた魅力

数々の保険会社から自動車保険は発売されていますから、クルマを買う時は車種選びと同様に、任意保険もしっかり選んでおきたいところです。任意の自動車保険には大きく分類して代理店型と通販型の2種類があり、加入方法や料金などが異なります。代理店型は店頭で直接契約するスタイルのため、どんな補償を付けて良いか分からなくても、相談しながら決められるので便利です。その気になれば丸投げでも契約できますから、難しい保険のことは専門家に任せたいという場合もピッタリです。とは言え、その際も予算をはじめ、何歳の誰が運転するかなど、基本的なことは話しておきましょう。ドライバーの年齢によっても費用が変わるほか、配偶者も運転するのか、本人だけなのかなど、補償範囲を限定するほど料金がお得になります。

安いだけでなくトコトン拘ったプランニングも可能

基本的に代理店型は対面で契約するのに対し、通販型はパソコンやスマホなどを使って自分1人で契約します。代理店を通さず、申込者と販売会社が直接契約するためダイレクト型とも呼ばれていますが、この種類の任意保険は人件費や店舗の維持費をカットできることから価格の安さが魅力です。近年では補償内容も充実しているので、とにかく安い料金で加入したい時は通販型を選んでおけば良いと思います。補償内容を自分で決める必要があると言いましても、各社の公式ページでは自動見積もりなどが提供されているため、このコンテンツを利用すれば自分に合ったプランが直ぐにできあがります。やり方もシンプルで、簡単な質問に対して答えを入力するだけとなっており、その集計結果から補償プランを自動的に組み立ててくれる仕組みです。ですので保険の知識がなくてもプランニングできるようになっています。提案された補償プランも細かく微調整できますから、何度も条件を変更してシミュレートすれば、自分に最適な拘りの自動車保険に仕上げることもできる訳です。店頭と違って時間や人目を気にせずできるのも、嬉しいポイントと言えます。

補償内容が分からない時はサポートデスクに連絡しよう

自動見積もり機能なども使って自分で補償プランを決めるのが通販型の基本ですが、サポートデスクが整っていることも多く、その場合は電話を掛ければオペレーターと相談できます。種類によっては名称だけでは内容が把握しづらい補償もあるため、分からない時は積極的に活用してみてください。ただし、契約プランが決まればそのまま電話口でも加入できる筈ですが、電話では相談だけに留めておいた方が良いと思います。ネット割引はネットから申込手続きをしなければ適用されないので、費用を安くしたい時は気を付けておきたいポイントです。何れに致しましても、代理店型と通販型には双方で違った強みがありますから、自分のカーライフに適した自動車保険を見付けてください。

人気記事ランキング