自動車保険には2種類ある

自賠責保険と任意の自動車保険の違いをご紹介

だから任意の自動車保険への加入が大切

加入しないと大きなペナルティーが発生

自賠責保険は加入義務がありますから、これに入らずにクルマ運転した場合は懲役1年以下、もしくは罰金だと50万円以下の支払いが命じられます。さらに違反点数も6点減点されるため、いわゆる1発免停という事態になるのです。また、実際は加入していても車にその証明書を備えていなければ30万円以下の罰金刑を受けるため、意外に重いペナルティーと言えるのではないでしょうか。

補償のカバー範囲が非常に乏しいので過信は禁物

自賠責に入っていれば「別に任意の自動車保険へ加入しなくても良いのではないか」と考えることもあると思いますが、カバーできる範囲が限られているので、ハッキリ言ってこの種類の保険だけでは相当不安です。例えば支払い限度額は、被害者1人に対して傷害の場合は120万円、亡くなられた場合は3000万円までとなっています。もしも相手が亡くなられて1億円を請求されたら、残り7000万円は自分で用意しなければならないのです。よほどの資産家でもなければ残りの人生は多分棒に振る筈ですから、自賠責だけでは全く補償額が足りないのが分かります。しかも自賠責が対応するのは人身だけなので、対物賠償は全額自腹です。幸い相手のドライバーは無傷でも、クルマにダメージを負わせれば賠償金が発生するため、万一それが高級車だったら、この場合も人生を棒に振る額が請求されるかもしれません。何れにせよゾッとする話であることは言わずもがなです。

自分自身も守ることができるんです

自賠責に対し、任意加入の自動車保険なら、相手が亡くなられても無制限で補償してくれる商品が一般的なので安心です。もちろん対物賠償も補償金額を設定して契約できるため、物損トラブルを起こした場合でも対応できます。さらに、任意保険なら運転者や同乗者にも補償が付けられますから、自分側を守れることも大きな魅力と言えます。実は残念ながら任意保険への加入率は100%にはなっておらず、自賠責のみのクルマが道路を走っているのも事実です。もしもそんなクルマから衝突などをされますと、被害額が大きくなるほど満額で賠償してくれる可能性は下がると思います。ですが任意の自動車保険には、人身傷害特約と搭乗者傷害特約などの自分側を守る補償が、大抵2種類用意されています。双方を付帯させておけば上乗せで補償が受けられるため、自分や大切なご家族などを守れるのです。そのほか、示談交渉も保険会社が代行してくれる場合が多いので、クルマを運転するなら任意の自動車保険は加入しておいた方が良いでしょう。ただし、示談交渉の代行で1つ留意しなければならないのが、自分側に任割合が一切ない時です。この状況下では保険会社が示談交渉を代行できないため、その際は自分で対処しなければなりません。そこで、知っておくと良いのが弁護士費用特約などです。この種類の特約を付帯しておきますと、自分が全く悪くない場合でも給付金を使って弁護士を雇えますから、自らで対応するより有利に示談交渉を進められるのです。

人気記事ランキング